眼科でのレーシックと眼鏡について

治療

ganka

眼科とはその名が示す通り、ヒトの眼球やその周りの疾患に対する治療を行う医療科の1つである。

人が日常的に生活をしていく上で視力は必要不可欠なものであり、視力の損失を損失してしまった場合には日常生活において著しい支障をきたす。そうした脅威から視力を守るための治療を行うのが眼科である。

視力回復

shiryoku

眼科における治療と言うのは眼球やその周辺の疾病に対する治療のみではない。

低下した視力の向上をはかるための治療というのも行っているのである。そうした視力を回復するための治療法が確立する以前では低下した視力は、メガネなどの矯正器具を利用する事によって視力を矯正する事で対処してきたのである。

現在では視力を回復する治療技術が確立されたことによって、疾患の治療だけでなく視力回復を目的として眼科で治療を受けるという人も存在している。

指示書

眼科で眼球の疾患に対する治療、視力回復の他に、指示書の発行も行っている。

この指示書というのは高度医療機器に分類されるコンタクトレンズの指示書を指し、処方箋と呼ばれる場合も多くある。コンタクトレンズを購入する場合、指示書というものは必要不可欠なものではなく、持っていなくとも購入するという事は可能ではあるが、コンタクトレンズメーカーによってはこうした指示書の提示がない場合には販売しないといったような自主規制を行っている場合も存在する。

コンタクトレンズは眼球に直接装着して視力矯正を行うものであり、不適切なコンタクトレンズを使用する事は眼の不調の原因にもなってしまうため、適切なコンタクトレンズを選択する為の医師の指示書と言うのが重要視されているのである。